トップページ

「下落合みどりトラスト基金」の活動概況(2004年〜)

2004(平成16)10月、下落合4丁目の通称「たぬきの森」へ建設業者が、明らかに違法と思われる「重層長屋」(実質マンション)の建築を計画。地域住民は、おとめ山公園から薬王院へと続くグリーンベルトを守るため、新宿区へ買い取りを請願します。しかし、新宿区建築課が独断で安全認定を行い当該敷地の価格が高騰、買い取りが困難となりました。

その後、地域住民は新宿区の購入支援策として「下落合みどりトラスト基金」を設立。一時は、全国から23,500万円の寄付が集まり、区の買い取り価格54,000万円と合わせて7億7,500万円に達します。その間、建設業者との交渉が継続しますが、業者は105,000万円からの減額交渉にはいっさい応じませんでした。(のちに購入価格は86,000万円で、2億円近くの利ザヤを稼ごうとしていたことが判明Click!しています)

一方、地域住民は新宿区建築課の安全認定に対し、新宿区の建築審査会へ審査請求をしますが却下されます。建築課の安全認定と、それにつづく建築確認に対し周辺住民は裁判所へ提訴しました。そして、2009(平成21)1217日付けの最高裁判決で、住民側の全面勝訴Click!が確定し、建設工事は完全にストップします。

当然、危険な違法建築物は最高裁判決に沿って、すみやかに解体・撤去されるものと思われました。(建設業者もそのように言明していました)。しかし2010(平成22)9月に、建設業者は新宿区に対して損害賠償請求Click!を行い、現在も東京地裁で係争中です。

違法建築を放置し解体を進めない業者に対し、新宿区がいつまでたっても指導および解体命令を出さないため、地域住民は新宿区に対し2010(平成22)10月、義務づけ訴訟Click!を東京地裁へ起こしました。この訴訟は、2012(平成24)921日に住民側が敗訴しましたが、引きつづき東京高裁へ上告を行い現在に至っています。

以上のように、さまざまな経緯や曲折を経て、工事中止となった違法な「重層長屋」の撤去を実現し、目白崖線沿いの豊かなグリーンベルト復元(緑地公園化)をめざして、「下落合みどりトラスト基金」は引きつづき活動をつづけています。

 

Copyright © Shimoochiai Midori Trust. All rights reserved.